正社員のWebライターとは?自社メディアを運営する企業での仕事内容

正社員のWebライターとは?自社メディアを運営する企業での仕事内容 仕事
この記事は約3分で読めます。

企業が運営する自社メディアでの「Webライター」について、仕事内容などをご紹介します。編集者との違いも解説します。

スポンサーリンク

Webライターとは?

Webライターにはさまざまな働き方の人がいます。一般的にイメージされるのは、自分でブログなどを運営し、記事を作成するフリーランスのWebライターでしょうか。そのほかにも、企業と契約を結び特定のメディアに記事を寄稿するライターや、企業が運営する自社メディアの記事を作成する正社員のライターなどがいます。

ブー谷
ブー谷

今回は、正社員として企業に勤め、企業が運営する自社メディアの記事を作成するライターの仕事内容を取り上げます。

企業が運営する自社メディアの記事作成フロー

企業が運営する自社メディアの記事作成フローは以下のような感じです。

・記事の企画を立案する(企画担当や編集者)
・記事を執筆する(ライター
・記事をチェック、修正する(編集者や校正者、ライター
・記事を公開する(編集者)

主にライターが担当するのは、記事の執筆と修正です。

①記事を執筆する

企画に沿って記事を執筆します。企業が運営するメディアは、基本的に特定のジャンルの記事を作成している場合が多いので、採用時点でそのジャンルの専門的な知識があるライターを採用しています。

そのため、ある程度の専門的な知識がある前提で、自分の知識をもとに記事を書いていきます。もちろん、知識が深くない場合には、自ら調べながら記事を執筆します。

また、インタビュー記事などの場合には、ライター自らがインタビューを行う場合もあります。

②記事を修正する

編集者や校正者がチェックした記事に修正の必要があれば、ライターに差し戻されます。

修正の指示に合わせて記事を書き直し、再度編集者や校正者にチェックしてもらいます。問題なければ、記事が公開されます。

ブー谷
ブー谷

ダメ出しに近い指摘もたくさんあるので、修正は結構心が折れる作業です…。

正社員のWebライターに向いているのはこんな人

正社員のWebライターに向いているのは「文章を書くのが苦にならない人」です。自分でブログを運営して記事を書くのであれば、企画・執筆・編集・効果測定など、さまざまな作業を行います。

一方、企業がもつメディアはチームで運営される場合が多く、作業がしっかり分担されているので、ライターは基本的に「執筆のみ」を行います。1日に数時間も文章を書き続けられる忍耐力が必要です。

また、「自分の書きたいことを我慢できる人」も正社員のWebライターに向いています。自分のブログであれば、自分の書きたいことを自由に書くことができますが、企業が運営するメディアではチームで決まった企画に沿った内容を書かなければなりません。文体や言葉遣いもメディアに合わせる必要があるので、自由な執筆はできません。

ライターではなく、Web編集者に興味がある方は以下の記事を参考にしてみてください。

この記事を書いた人
ブー谷

新卒で金融系SIerに入社。第二新卒でWeb系企業に転職した。ピー山のパートナー。

ブー谷をフォローする
仕事
スポンサーリンク
シェアする
ブー谷をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました