大手SIerからメーカー企業の社内SEに転職して活かせた経験・スキル

大手SIerからメーカー企業の社内SEに転職して活かせた経験・スキル 転職
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

このエントリーでは、大手SIerからメーカー企業の社内SEに転職した僕が、

実際に活かせたスキル・経験をご紹介します。

コミュニケーション能力

社内SEでは上流工程の範囲が広いので、コミュニケーション能力が求められます。

そのため、PMとしてプロジェクトをマネジメントした経験が活きていると思います。

具体例としては下記です。

  • WBSを利用したスケジュール管理
  • 上司への進捗報告
  • 社内資料(稟議書等)の作成
  • 外部ベンターのコントロール
  • 経営層へのプレゼンテーション

SEとしての技術力

前述の通り、上流工程の仕事の割合が大きいので、

技術力はSIerと比べると必要とされない傾向にあります。

その中でも必要とされる技術という点では下記になるかと思います。

  • サーバの設計/構築/運用保守
  • メモリの挙動等基本的なIT知識
  • ネットワークに関するスキル

サーバの設計/構築/運用保守はまさに社内SEの仕事なので、

メモリやストレージのキャパシティプランニングであったり、

サーバの構築等が活きていると感じます。

基本的なIT知識というのは、IPAの資格である基本情報の試験内容のようなものを指しており、

日々の問い合わせ業務の対応や、外部ベンダーとのやり取りをするのに最低限必要になります。

ネットワークは社内SEの業務の中では比較的技術面も必要になる分野です。

トラブルになることも多く、ベンダーと協力しながら問題解消しなければならないからです。

具体的には、下記です。

  • pingやtracertでの状態確認ができる
  • ルーティングやサブネットの概念を理解できる
  • 自社のネットワークの構成を理解できる
  • NW機器にログインし、コンフィグを表示でき、内容が分かる

資格

会社次第な部分はあると思いますが、SIerと比べると相対的に技術レベルは求められません。

基本情報・応用情報があれば十分かなと思います。

上記以外で社内SEの仕事に活かせる資格を取得するなら

セキュリティ関連、ネットワーク関連の資格が有用かと思います。

ピー山
ピー山

パブリッククラウドの利用があれば、そちらの資格を取得するのもいいですね。

社内SEとして働く上で、 活かしにくいスキル・経験

  • 業界知識や専門業界における経験
  • プログラミングスキル
  • 特定の製品に関するスキルや経験

同じ業界の会社への転職であれば、業界知識が役に立つことはあると思いますが、

他業種への転職(例えば金融→メディア等)である場合、活かせる可能性が低いです。

プログラミングスキルについては、社内SEは上流工程の範囲が広いので、

自分でプログラミングであったり、コーディングをするといったことが少ないです。

また、特定の製品(例えば特定の基幹系のシステムのソフトウェア等)のスキルや経験は活かしにくいです。

ピー山
ピー山

転職先でも同じ製品を導入していれば、活かせますが、そうでなければ活かしにくいです。

まとめ

  • 社内SEはSIerに比べると、高い技術力は求められない
  • コミュニケーションスキルや、ネットワークの技術は社内SEの業務に活かしやすい
  • プログラミングスキルは活かしにくい

この記事を書いた人
ピー山

新卒で大手SIerに入社したが、2020年にメーカーの社内SEに転職したアラサー。転職をきっかけに残業が0時間/月になり、深夜勤務や休日出勤も無くなり、人生が楽しくなる。

ピー山をフォローする
転職
スポンサーリンク
シェアする
ピー山をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました