第二新卒・SIerから転職するのにおすすめの業種や業界を考えてみた

第二新卒・SIerから転職するのにおすすめの業種や業界を考えてみた 転職
この記事は約3分で読めます。

わたしは第二新卒で大手SIerの総合職から、Webベンチャーに転職しライターになりました。転職の経験を踏まえて、SIerから異業種に転職する際におすすめの業種や業界を考えてみました。

スポンサーリンク

Webエンジニア

現職で開発をしていて、開発自体が好きな方には、Webエンジニアがおすすめ。大手SIerでは大きなシステムの運用保守がメインとなる場合が多く、一部改修などの小さな規模の開発を繰り返すパターンがほとんどです。インフラ系の運用は、イメージしていたSEとはより異なるかもしれません。

また、古くからあるシステムの場合は使用している言語が古く、ウォーターフォール型と呼ばれる開発体制も人によっては非効率に感じる場合があります。

一方、Web系のエンジニアの募集はベンチャー企業に多く、小規模な新しいシステムを1から開発する機会があるかもしれません。また、言語は比較的新しいものを使用し、「アジャイル」と呼ばれる開発方法などを採用している場合も多いので、現状の開発に不満がある方には合いそうです。

コンサルタント

新卒就活でもSIerとコンサルタントで悩んだ方は多いのではないでしょうか。SIerの就活では「ITコンサル」という言葉が使われることもあり、お客様の課題を解決するシステムを提案することが仕事だと説明されたことがあるかもしれません。

しかし、実際に要件定義を行うのは年次が上がってから、営業は別にいる、など、思い描いていた「ITコンサル」とは程遠い姿にギャップを感じてしまうことも。難しいかもしれませんが、コンサルへの転職も一案です。

WebマーケターやWebライター

なんとなくIT業界に興味があったからSIerに就職したけど、プログラミングは自分に合っていなかった、という方にはWeb業界の異業種がおすすめ。Web業界もITに関わる業界で、Webサービスを提供する会社であれば、エンジニアも多く在籍しています。

会社の規模が小さければ、チームの垣根を越えて仕事をすることが多いので、SIerで得た知識をいかしてエンジニアと対等に会話ができるマーケターやライターは重宝されます。

また、Web業界は転職回数が多い方も結構いるので、自分に合った業種を探してチャレンジしやすいのが魅力です。

社内SEは第二新卒では難しいかも

SIerが思っていたより激務だった、という悩みを抱えている方は多いと思います。エンジニア系の仕事でホワイトなものには、一般的なメーカー企業などの「社内SE」があります。

ただし、社内SEは経験豊富なSEを募集している場合がほとんどで、3年目以下の第二新卒では転職が難しいと思われます。

どうしても社内SEが気になる!という方は、以下の記事を参考にしてみてください。第二新卒ではないものの、パートナーのピー山がSIerから社内SEに転職し、比較をしています。

この記事を書いた人
ブー谷

新卒で金融系SIerに入社。第二新卒でWeb系企業に転職した。ピー山のパートナー。

ブー谷をフォローする
転職
スポンサーリンク
シェアする
ブー谷をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました