転職を迷っている人は転職エージェントに登録すべきか?メリットとデメリットをご紹介!

転職を迷っている人は転職エージェントに登録すべきか?メリットとデメリットをご紹介! 転職
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

本エントリーでは、転職を迷っている人が転職エージェントに登録する

メリット・デメリットについてご紹介します。

デメリットについてはその回避策についても解説していきます!

転職エージェントに登録するメリット

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントが取り扱う非公開求人の割合は、保有求人数の約8割といわれています。

不特定多数の人が応募できる公開求人とは異なり、

企業が欲しい人材をピンポイントで募集する場合に使われるため、

公開求人と比べて条件や待遇が良い場合が多いです。 

転職エージェントに登録することで、質の高い非公開求人に応募が可能になります。

業界の現状をリアルに教えてもらえる

僕の場合もそうだったんですが、

転職エージェントのキャリアアドバイザーは業界毎で担当が分かれており、

その業界についてのプロがキャリアアドバイザーとして付く場合が多いです。

ピー山
ピー山

求人の増減の傾向であったり、どういった人材が採用されるか教えてもらえます。

自分の市場価値を測れる

非公開求人も含めて求人情報を閲覧することで、大体の自分の市場価値を測ることができます。

こちらもキャリアアドバイザーに、どの程度までの年収アップが現実的か、といった相談も可能です。

履歴書・職務経歴書の添削をしてもらえる

僕は担当していただいたキャリアアドバイザーの方に、

履歴書・職務経歴書をレビューしていただきました。

「ここはもっとアピールするべき」であったり、

「逆にここをアピールしすぎると、企業側の欲しい人材とマッチしない」であったり、

第三者の目線でのアドバイスをいただけたので、非常に助かりました。

早く登録しておくことで、より良い求人に出会える可能性が高まる

これが一番の登録しておくべき理由になります。

企業側は人員不足がわかってからなるべく早く人員を補充したいと思うので、

特にホワイトな企業の求人は応募も多くすぐに決まってしまうので、

1ヶ月〜2ヶ月程度の募集になります。

なので、早く登録して求人情報を眺めておくだけでも、僕はしておくと良いと思います。

それをしていないと、いざ良い求人が来ても、相場がわからずもっと良い求人があるかもな…とかで、

足踏みを踏んでしまう場合もあります。

僕の場合は、転職してから現在も転職エージェントには登録していて

求人情報は定期的にチェックしています。

ピー山
ピー山

家探しと一緒かなと思います。粘って長期間探せば良い求人にも出会えますが、短期間で決めないといけないとなると、今出ている求人の中でしか検討できないので、選択肢が少なくなってしまって結果的にいい条件の企業に入れなくなってしまいますので、登録だけでもしておくことをオススメします!

転職エージェントに登録するデメリット

在籍している企業に転職活動がバレる可能性がある

企業側も転職エージェントを求人を出す側として利用しています

ヘッドハンティングなどのサービスもあり、応募者側の情報を閲覧できます。

企業側に転職活動をしていることがバレてしまうと、

いつ退職してもおかしくないということで、

現在の在籍企業での昇格・昇進に悪影響を与える可能性があります。

実際に、人事のデータベース上ではそういった情報を管理していて、人事異動であったり、昇進昇格を決めているケースも多いので、要注意です!

これについては、登録する際に企業側に情報を開示しない設定にすることを忘れないでください。

また、情報を開示する場合は現在在籍している企業を、情報を開示しないブラックリストに設定するようにしましょう。

グループ企業がある場合は、グループ企業も忘れずに登録するようにしましょう。

エージェントから求人情報のメールが大量に来る

こちらは停止設定をすることで一切来なくなるように設定することも可能です。

総括

デメリットについては対策可能なので、少しでも転職を検討している方は、

少なくとも1社は転職エージェントに登録しておくことをお勧めします!

おすすめの転職エージェント

おすすめはdodaです!求人数も多くキャリアアドバイザーも質が高くおすすめです!



この記事を書いた人
ピー山

新卒で大手SIerに入社したが、2020年にメーカーの社内SEに転職したアラサー。転職をきっかけに残業が0時間/月になり、深夜勤務や休日出勤も無くなり、人生が楽しくなる。

ピー山をフォローする
転職
スポンサーリンク
シェアする
ピー山をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました