Web編集者になるには?必要なスキルを解説

Web編集者になるには?必要なスキルを解説 仕事
この記事は約3分で読めます。

Web編集者に興味を持ったなら、まずはどういったスキルが必要なのかを考えることが大切です。自分に適正があるのか、転職時の自己PRにどんな要素を入れればよいのかなどのヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

Web編集者とは?

そもそもWeb編集者とは、メディアのコンテンツの企画を立てたり、内容を確認したりする人のことをさします。

「Web編集者ってどんな仕事?」という方は、まずはこちらからチェックしてみてください。

Web編集者に必要なスキル

記事を俯瞰的に見る能力

編集者はライターが書いた文章を成形する仕事です。ライティングだけにこだわったり、デザインだけにこだわったりすると、記事全体のバランスが悪くなってしまいます。そのため、記事を俯瞰的に見る能力が必要です。

ライターは担当するライティングのみに集中すればよいので、マルチタスクが苦手な方は、どちらかというとライター向きかもしれません。

間違いを見つける能力

ライターが書いた文章を校正する業務を担う場合には、文章の間違いを見つける能力も必要です。文章の内容が記事タイトルと合っているか、書いている情報に誤りがないか、文法的な間違いがないかなど、さまざまな観点で文章をチェックします。

基本的には「間違っているかもしれない」という姿勢で記事をチェックすることが大切です。同じチームの仲間がライティングした文章に疑いをかけるのは心苦しいですが、、

コミュニケーション能力

ライターが執筆のみを担当するのに対して、編集者は企画から公開まで、コンテンツ制作の全編に関わる仕事です。制作の進行状況など、スケジュールに責任をもつ場合もあります。そのため、チームのメンバーとコミュニケーションを取りながら、仕事を進めていく必要があります。

また、場合によっては顧客との連絡も担当します。メールのやりとりや対面での打ち合わせなど、各シーンに適したコミュニケーション方法を使い分ける能力も試されます。

Web編集者になるには?

Web編集者は、ライターがいて成り立つ仕事なので、フリーランスで仕事をするのは難しいかもしれません。特定のメディアに所属するか、編集プロダクションに所属するのが一般的です。

第二新卒や中途でもWeb編集者になることは可能です。気になった方は、マイナビジョブ20’sなどのエージェントに登録して、求人を探すことから始めてみてください。

この記事を書いた人
ブー谷

新卒で金融系SIerに入社。第二新卒でWeb系企業に転職した。ピー山のパートナー。

ブー谷をフォローする
仕事
スポンサーリンク
シェアする
ブー谷をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました