社内SEはSIerに比べてやりがいが大きい?社内SEのやりがい5選!【体験談】

社内SEはSIerに比べてやりがいが大きい?やりがい5選!【体験談】 仕事
この記事は約3分で読めます。

この記事では実際に大手SIerと社内SEで働いた経験のある僕が、社内SEはSIerに比べてやりがいが大きいと思う4点について解説します。

スポンサーリンク

社内SEのやりがい

最上流工程であるシステム企画から携われる

ユーザー企業からシステム構築依頼を受注して、システム構築を行うSIerの立場だと、最上流工程であるシステム企画から携わることはできません。システム構築を依頼するタイミングではすでに要件がある程度固まっている場合が多く、言われたことをシステムに落とし込んでいく形でシステム構築に関わっていくこととなります。

一方で社内SEであれば、現場社員のヒアリングから業務の改善ポイントを洗い出し、システムによってどのように改善・効率化していくかを考える工程から関わることができます

主導権を持ってシステム構築に携われる

システムに関する仕様や設定などの最終的な決定権は依頼元である社内SEにあります。そのため、主導権を持ってシステム構築に携わることができます。

よりユーザーが使いやすいユーザーインターフェースを追求したり、業務効率化のために必要な機能の追加を提案したり、大きな裁量を持って関わることができます

システム構築で終わりではなく保守運用まで中長期的に携われる

SIerだとリリースまでは行いますが、それでプロジェクト終了となるケースも多いです。一方で社内SEの場合は運用が開始してからが本番で、『日々の業務の中でより便利に効率的にできるように改善するといった保守運用』まで担当できます。

ピー山
ピー山

作って終わりというのは結構寂しく、実際に使われて喜ばれるところを見るとやる気も出ます

ユーザ(社内の社員)と近い立場で関われる

ユーザと近い立場で働くため、生の声を実際に聞くことができます。システムで業務を便利にした際は、直接感謝してもらえることが多くやりがいを感じることができます。

障害などが発生した場合も社内でのやりとりになるので、顔なじみであることもあり立場的に高圧的に問い詰められたりといったことは基本的にありません。

社内にSEが相対的に少なく、一人に掛けられる期待が大きい

SIerの場合は社内のほとんどの社員がSEなので、いくらでも替えが効く存在です。言わば小さな歯車の一つで、他にも歯車はたくさんいるので極端な話使い捨てもできてしまいます。

一方で社内SEは社内のなかで限られた人数しかいないので、替えが効かない存在です。中途採用で優秀な人材を採用したとしても、社内のシステム構成や「社内でのしきたり」を理解するまでに、数ヶ月〜1年程度は掛かります。社内に替えがいませんし、補充するにも時間がかかります。

社内にSEが少ないということはITに関する専門知識を持った人が少ないということです。大したことはしてないんだけどな、と思うようなことでもすごく喜ばれたりもしますし、自分がいないと会社全体が困るということが実感でき、やりがいを感じるなと僕は思います。

ホワイト企業の社内SEに転職するコツ

下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひこちらの記事もご参照ください!

この記事を書いた人
ピー山

新卒で大手SIerに入社したが、2020年にメーカーの社内SEに転職したアラサー。転職をきっかけに残業が0時間/月になり、深夜勤務や休日出勤も無くなり、人生が楽しくなる。

ピー山をフォローする
仕事
スポンサーリンク
シェアする
ピー山をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました