L3スイッチとL2スイッチの違いって何?ネットワーク初心者にも分かりやすく解説!

L3スイッチとL2スイッチの違いって何?ネットワーク初心者にも分かりやすく解説! 仕事
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

この記事ではL3スイッチとL2スイッチの機能および用途を解説します。

ネットワーク初心者にも分かりやすく解説します!

L3スイッチとL2スイッチの主な違い

L2スイッチは多数のポートを持つネットワーク機器で、

主にLANポートが足りない際にLANポートを増やす目的で利用します。

一方で、L3スイッチは簡単に言うとルーティング機能のついたL2スイッチです。

機能が追加されている分、L2スイッチと比べると高いです。

L3スイッチのイメージ図

  • ポートが比較的少ない

L2スイッチのイメージ図

  • ポートが比較的多い

L3スイッチでルーティングを行い、L3スイッチとL2スイッチをLANケーブルで接続し、L2スイッチとサーバーをLANケーブルで接続するというのが一般的な構成です。

L2スイッチを使わずにポートが多数あるL3スイッチを導入してもいいのですが、

L2スイッチと併用した方が価格が抑えられるケースが多いです。

L2スイッチの特徴

L2スイッチには下記のような特徴があります。

  • 接続先の管理はMACアドレスによって行う。
  • MACアドレスはOSI参照モデルの第2層(物理層)で扱われるので、L(レイヤー)2スイッチと呼ばれる。

「ハブ」はL2スイッチのことを意味しており、
商用向けとしては「L2スイッチ」と呼ばれることが多く、
個人向けとしては「スイッチングハブ」と表現されることが多いです。

L3スイッチの特徴

L3スイッチ下記のような特徴があります。

  • L2スイッチでできる機能はL3スイッチでもできる
  • それに加えてルーティング機能が利用できる
  • L2スイッチに比べると高価

この記事を書いた人
ピー山

新卒で大手SIerに入社したが、2020年にメーカーの社内SEに転職したアラサー。転職をきっかけに残業が0時間/月になり、深夜勤務や休日出勤も無くなり、人生が楽しくなる。

ピー山をフォローする
仕事
スポンサーリンク
シェアする
ピー山をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました