実際に転職した私が思う「異業種に転職するなら第二新卒がおすすめ」な理由

実際に転職した私が思う「異業種に転職するなら第二新卒がおすすめ」な理由 転職
この記事は約2分で読めます。

「新卒で就職してみたけどなんだか違うなあ…」「まったく別の仕事がしたいなあ…」と思っている方へ、第二新卒での転職がおすすめな理由を解説します。

スポンサーリンク

給料が下がってもダメージが小さい

業種よるとは思いますが、給料は下がる場合が多いと思います。ただし、第二新卒の場合はまだ「もと(前職)の給料」がそんなに高くないので、ダメージは小さいのではないでしょうか。

例えば、5年目の方なら、新卒のときよりハイクラスな家に住んでいるかもしれません。また、10年目の方なら、結婚して子供がいるかもしれません。年を経るにつれて給料は高くなり、生活にかけるお金も高くなります。

生活にお金がかかる状態で給料が下がるより、まだ生活にお金がかからない段階で給料が少し下がるほうが現実的に楽だと思います。ぜひ、自分が数年後に転職したときの生活を想像してみてください。

年を経るにつれて異業種転職は難しくなりそう

年を経るにつれて、異業種への転職は難しくなると思います。お金の面は前述のとおりですが、企業側から見ても、年齢を重ねた未経験の方を採用するメリットはあまり多くありません。

例えば、システム会社に10年目の方が2名応募するとします。Aさんは10年間SEをやっていて、Bさんは10年間はメーカーで営業をやっていました。もちろん、ほとんどの場合はシステムの知識や経験が豊富なAさんが採用されると思います。これは基本的に中途採用には「即戦力」を求めているからです。

ブー谷
ブー谷

年を経るにつれて、いかに即戦力になれるかが大切になるんだね

異業種から若者を採用したい会社は「経験のなさ」を求めている

異業種から第二新卒の若者を採用したい会社は「若さ」や「経験のなさ」を求めている場合が多くあります。知り合いの経営者の方たちからよく聞くのは「若い子のほうが癖がついていなくてよい」ということ。これからその会社の好みに育てられる若い子がほしいのです。

異業種に転職するなら「若さ」を武器にして転職活動をしてみてください。

この記事を書いた人
ブー谷

新卒で金融系SIerに入社。第二新卒でWeb系企業に転職した。ピー山のパートナー。

ブー谷をフォローする
転職
スポンサーリンク
シェアする
ブー谷をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました