残業少なめ・正社員Webライターの1日をご紹介

残業少なめ・正社員Webライターの1日をご紹介 仕事
この記事は約3分で読めます。

正社員として働くライターの1日をご紹介します。とにかく書いて、書いて、書いての毎日です。文章を書くのが好きな方にはおすすめです。

スポンサーリンク

平日の1日

8:40 起床

8:30頃に起きようとしますが、二度寝をしてしまうので8:40頃に起床。顔を洗ったり、寝癖を直したりします。面倒くさいのでメイクはしません。

9:00 仕事を始める

週のほとんどは在宅勤務なので、すぐにPCを起動して仕事を始めます。ちなみに出勤時間はとくに決まっていないので、多少寝坊しても大丈夫です。

1日のスケジュールを確認して、さっそくライティングを始めます。主な1日の業務は、ライティングと朝ミーティング、ライティングしたコンテンツの修正などです。

この時間に、片手間で朝ごはんを食べたり、歯磨きをしたりもします。

10:00 ミーティングに出席

毎朝、チームで簡単なミーティングがあります。今日1日の予定を話すなどして、すぐに終了します。チームで仕事をするという点が、フリーランスの方とは大きく異なる点かなと思います。私は毎朝だれかの顔が見れるのが嬉しいので、フリーランスには向いていなさそうです。

10:05 集中してライティング

お昼頃まではミーティングが入らないことが多いので、一人の空間で集中してライティングに取り組みます。

自社メディアのコンテンツを作成するチームなので、書き方や内容の方向性はいつも同じです。だいたい1記事を書くのにかかる時間も同じで、お昼休憩までに1記事書き終わるのが理想です。

12:30 お昼休憩

ピー山と一緒にお昼ごはんを食べます。昨晩の残り物や、冷凍食品がメインです。たまにUber Eatsでモスバーガーを頼むとリッチな気持ちになります。

お昼ごはんは20分ほどで食べ終わりますが、休憩は1時間きっちり取りたいので、残り40分ほどお昼寝をします。ここでしっかり眠れると、午後はバキバキに仕事が進みます。

13:30 再びライティング

午後のライティングを始めます。昼寝の後なので、めちゃくちゃ頭が冴えています。ただ、お昼休憩にうまく寝付けなかった場合は、15:00くらいに眠くなってしまうので、ベッドでがっつり5分寝ます。

17:00 ライティングした記事の修正

昨日か一昨日くらいにライティングした記事のチェックが返ってくるので、内容を確認しつつ修正します。ここでチェック内容に疑問などがあれば、チームで話し合います。自分は一人で考え込んでしまうタイプなので、チームに感謝です。

18:00 (調子がよければ)業務終了

筆がいい感じに進んでいれば、これで業務終了です。PCを閉じて、すぐに晩ごはんを作り始めます。

ライティングが煮詰まっていたり、ミーティングが長引いたりすると少し残業をします。前職の23:00退勤(笑)よりは全然余裕です。

晩ごはんを食べたら、漫画・ゲーム・映画…など自由時間が始まります。この時間にお風呂へさっさと入ってしまうのが目標です。(だいたい無理)

23:00 ブログ執筆

本ブログを執筆します。趣味の範囲で書いているので、あまり時間はかけていません。文章を書くのは好きなので、(仕事でもないし、)楽しい時間です。

24:00 就寝

1日が終わりました。おやすみなさい。

おまけに:休日の1日

睡眠とゲーム、飯です。土日のどちらかはお出かけをしたりもします。LINEスタンプを作ったり、ブログを書いたりといった時間もあります。基本的にはダラダラしています。

この記事を書いた人
ブー谷

新卒で金融系SIerに入社。第二新卒でWeb系企業に転職した。ピー山のパートナー。

ブー谷をフォローする
仕事
スポンサーリンク
シェアする
ブー谷をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました