社内SEで評価されやすい情報系資格はどれ?

社内SEで評価されやすい情報系資格はどれ? 資格
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

この記事では、社内SEで評価されやすい情報系の資格について解説していきます。

非IT系企業での情報系資格の認識

会社にもよるとは思いますが、大手SIerと比べて非IT系の会社の場合、情報系資格の認識が薄いです。

具体的には下記です。

  • 情報系資格の難易度を認識していない
  • 情報系資格が社内の資格補助対象になっていない
  • 情報系資格が社内の昇格ポイントに含まれていない

例えば、Google Cloudの認定資格であるGCP資格(Google Cloud Platform)では難易度が易しい順からユーザー認定、アソシエイト認定、プロフェッショナル認定とあり、プロフェッショナルとなるとユーザー認定の数倍は難しい試験ですが、難易度が社内で認識されていない場合もあります。

ピー山
ピー山

大手SIerではシステムエンジニアが社員の大半を占めるため、情報系資格の重要度が高く社内でも認識度が高いですが、非情報系企業の場合は社内SEは社員のほんの数%になるので、情報系資格が社内で認知されていない場合もあります。

評価されやすい資格はどれか?

認知度が高い資格がおすすめです。

「国家資格である」という点からもIPAの情報処理試験の資格は非情報系企業であっても、認知されやすいです。

具体的には下記です。

  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • 基本情報処理試験
  • 応用情報処理試験

高度区分の資格は、社内SEとしては高度すぎる内容だと判断されるケースもあります。持っていて損はないのですが、社内的に取得が推奨されておらず、補助の対象にもなっていない場合があるので要注意です。

ピー山
ピー山

転職時の評価という観点では、非IT企業に向けての場合だと「高度な資格」を持っていても、それ自体だけではあまりアピールにならないと思った方がいいでしょう。

この記事を書いた人
ピー山

新卒で大手SIerに入社したが、2020年にメーカーの社内SEに転職したアラサー。転職をきっかけに残業が0時間/月になり、深夜勤務や休日出勤も無くなり、人生が楽しくなる。

ピー山をフォローする
資格
スポンサーリンク
シェアする
ピー山をフォローする
転職して激務から残業0時間になった人のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました